月別アーカイブ: 2013年11月

IEEE1888 相互接続試験に参加しました。

弊社は、2013年11月19日~20日にかけて開催された、企業・大学において開発されたおよそ30種類にのぼるIEEE1888通信機器及びソフトウェアの相互接続会に参加しました。
弊社開発の、LoE制御ソフトウェアは、相互接続性の検証において成功したことを確認しました。

ieee1888_mutual_connection
(写真は、IEEE1888 相互接続試験の模様)

■ 参加企業・団体様
 ・会津大学
 ・ヴィスト
 ・NECソフト
 ・NTTコミュニケーションズ
 ・NTTコムウェア
 ・コムツァイト
 ・セイコーソリューションズ
 ・高岳製作所
 ・竹中工務店
 ・ディー・エス・アイ
 ・DEP
 ・東京大学
 ・三菱重工業
 ・日立情報通信エンジニアリング
 ・山口県産業技術センター
 ・山口大学
  (順不同、敬省略)

■ IEEE1888 とは?
IEEE1888は、次世代BEMSやスマートグリッド向けに開発され、2011年に国際標準化されたオープンな通信規格である。
正式名を UGCCNet (Ubiquitous Green Community Control Network)と呼ぶ。
この規格の開発には、日本の東大グリーンICTプロジェクト が関与しており、日本では、FIAP(ふぃあっぷ: Facility Information Access Protocol) と呼ぶこともある。